FC2ブログ

8/21 妙高山登山

昨日 早朝に目が覚め お天気が良さそうなので ちょっとドライブをと出かけました。

妙高PAで 妙高山の きれいな姿に惹かれました。

ちょうど トレッキング用の準備をしていたので

ちょっと 登ってみようか? という 甘い考えが浮かびました。



登山口の燕温泉に向かう途中

先ほどの姿と異なり 妙高山は 雲で覆われ始めておりました。
20160822-2.jpg

それでも せっかくの機会なので

ゆける所まで 行ってみようと 歩き始めました。

一時間ほど 進んだところ に 赤倉温泉の源泉があり 

その少し上に 滝を眺める 野天風呂を発見 

すでに 汗びっしょりだった 私は喜んで 入りました。

雄大な自然と滝に囲まれて お風呂に入る気分は最高でした。
20160822-5.jpg

野天風呂に満足して 帰ろうという 気持ちもあったのですが

ひたすら上に向かう 登山者の方々に つられて 私も 登り始めました。

山の上が雲に隠れて見えません。
20160822-6.jpg
頂上にむかう直前 登山道 最後の鎖場

ここまで 来るのに 何百回 気持ちが折れそうになったことでしょう。

くじけそうになるたびに 

かなり ご高齢の方

そんなに 体力がなさそうのに 必死にがんばって 歩いておられる方々に

気持ちを 牽引していだきました。

20160822-3.jpg

頂上直下に 青い綺麗な花の群落。

よくみると それは 乗鞍で見た あの 危険なトリカブトでした。

20160822-4.jpg

頂上では ガスに覆われ 周りの展望は ほとんど望めず。

一瞬上空で 青空が見える程度でした。

20160822-7.jpg

登りも大変でしたが 下りもまた とてもとても つらいものでした。

下りでも また 野天風呂で 脚の疲れを 癒しました。



登山は とても厳しく つらいものです。

なんで こんなつらいことに 人は興味をひかれるのだろう?

と 考えました。


危険と隣り合わせの つらい非日常を体験することで 

一見退屈に感じる日常への

感謝の気持ちを育む よい機会となるのでは?

と 感じました。


無事自宅に戻ると 体重が3kgも減っておりました。

今回 行かなかった 妻には 短時間でシェイプアップする

とても良い方法だよ と 次の機会を 誘いました。

20160822-8.jpg

本日は 台風が 首都圏を直撃

記録的な豪雨で 交通が混乱しているようです。

上越地域は 台風の影響をうけておらず

午前午後ともに 通常通り しっかり 働かせていただきました。

昨日の登山の影響で 脚に痛みを少々感じておりますが

本日も 充実した生活をさせていただけたことに 感謝感謝でございます。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR