FC2ブログ

お若い男性の手術は要注意と再認識

本日 午後

36歳男性の 両ESS を 施行させていただきました。

とても 落ち着いた患者さまで 術直前まで 心拍 血圧ともに上昇なし

通常 お若い男性は のみの心臓(デリケート)な印象が強いのですが

鉄の心臓ですね と お話しておりました。

しかしながら いざ手術を開始してみると

鼻内の疼痛感覚が 非常に敏感で 局所麻酔がなかなか効きません。

このため だましだまし 手術操作をすすめることになりました。 



右の手術が ある程度満足できる内容まで終了

次に 左の 深部操作をと 考えたとき

急に おトイレへ 行きたくなったと 訴えられました。

前頭洞 上顎洞 前部篩骨洞の開放を終えたところでした。

溲瓶の準備がないため 急遽 手術を終了

止血綿(ソーブサン)と軟膏ガーゼを留置し

急いで おトイレに 向かっていただき 事なきを得ました。

以前も お若い男性が 手術終了近くに 尿意を訴えられました。

いずれも 身体の緊張過敏反応の一つ と 推定されます。

(手術直前に 必ず トイレをすませていただくようにしております)

お若い 男性の手術は いろんな ハプニングを生じやすい

という ことを 本日も 体験させていただき

無事 クリアできたことに 感謝いたしております。

本日は 夕方 富山の研究会に出かけます。

患者さまの 術後状態が 安定し 問題ないことを 信じております。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR