FC2ブログ

外リンパ瘻疑いの患者さまを富山大学へ紹介

本日 外リンパ瘻が疑われる 急性高度感音難聴の患者さまを

私の母校である 富山大学(もと富山医科薬科大学)へ 紹介させていただきました。

きっかけは 

先の日曜に 富山で 医局同門会の集まりがあり

その席で 医局の若い先生から 

大学に 内視鏡下中耳手術の器具を整えてあり

山形大学へでかけて 

内視鏡下中耳手術の研修も しっかり 受けて来た と 伺ったからです。

ちょうど これまで 中耳手術を とても上手にしていただいていた 

新潟市民病院の先生が 開業されることになり

今後の お願い先を どうしようかと 考えていたところでした。



私が 病院勤務時 耳の手術をおこないたいと 考えたとき

慈恵会医科大学での 中耳手術研修会に まず でかけました。

そこで 得た 知識が新鮮なうちに 実際の臨床に生かしたい と 感じ

また できるだけ手術侵襲の少ない方法をと考え

内視鏡を用いた 経外耳道中耳手術を 

自分なりに工夫しておこなっておりました。


富山大医局の先生も 

そのときの私と同様 新鮮な熱意に満ちている 印象をえました。

新しいことにチャレンジするときは 必ず困難に巡り会いますが

どんな 困難であっても それを乗り越える熱意があれば大丈夫です。


逆に 熱意のないドクターに 患者さまの治療をお願いしても うまくゆきません。。。


いま 一番熱意のある 先生のいる 施設に

患者さまの 治療をお願いしたい と 感じた次第です。

富山大学耳鼻咽喉科頭頚部外科の ホームページ

私の知っている 昔のものとは 別次元の 美しさで 作られており

やる気を 十分感じさせていただけます。



本日 初診担当の 教授と直接お電話でお話させていただいたところ

快く 受診 OK と 言っていただけました。


私が 病院勤務していたときは

上越地区の患者さまを 上越以外の遠方に紹介するのは

非常に 申し訳ないと 考えておりました。

しかし

上越地域で 耳鼻科常勤医師がいる病院が 激減した現在

それは 難しくなっております。

これまでは 私の紹介先は

長岡 新潟方面を 向いておりましたが

この 患者さまの 経過が良ければ

今後 富山大学に 紹介させていただく患者さまが

増えていくのでは ? と 感じております。

幸い 北陸新幹線で 富山がとても近くなっております。

この木曜日は 

富山で 耳鼻科の研修会が 一時間×二枠 おこなわれます。

今春から 耳鼻科の専門医制度が変わり

学会参加よりも 所定の研修会に しっかり 参加することが重要となりました。

これまで 出かけることが 少なかった 

富山の研修会にも  積極的に 出かける機会が増えそうです。

そんな 懐かしくて ある意味 新鮮なことを考えさせていただけることに 感謝いたしております。 


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR