FC2ブログ

花粉症診療の改善に

今シーズンから 当院に設置したポールンロボでは 

まだ スギ花粉の飛散を 検出していないようですが

金曜日あたりから 花粉症らしい症状を感じ

本格飛散の前に 早々に 受診される患者さまが いらっしゃいます。


花粉症の診断は 症状と鼻内所見から容易ですが 

クスリの説明には いつも とても時間を要し

その後 お待ちの患者さまが気になり ついつい早口で説明してしまいがちでした。


金曜日 私の 説明を聞いた患者さまから

早口のため 何が何だかわからなかったと

苦言をいただく ことが  ありました。



今回 この対策として 

花粉症患者さまへのアンケート(花粉症治療を希望される患者さまへ)と

当院でおすすめしている 花粉症の治療薬 の2枚を 作成しました。


アンケートは 待ち時間に患者さまに○で記載をお願いし

診察前に 画像ファイリングに取り込みます。


当院のおすすめする治療薬の説明は

アンケートを記載し終えた患者さまに あえらかじめお渡ししておき 

診察時 それを見ながら 患者さまのご希望に応じた クスリを選択する

という 方法です。


さっそく 明日の診療から使い 状況に応じて内容や使い方を変更したいと 考えております。





---------------------------- 
  花粉症治療をご希望される患者さまへ

  診察前に下記の相当する(  )へ○を記入してください
重症度  1(  ) くしゃみ 鼻水程度 (軽症)
      2(  ) 鼻つまりにもっとも苦しむ (中~重症)  
症状の期間 
   1(  )2週程度 2(  )1ヶ月程度 3(  )2ヶ月以上
これまで使ってきたクスリ
   1(  ) 以前当院で処方
   2(  ) 市販薬のみ(耳鼻科は初めて)
   3(  ) 他院で処方 クスリ手帳をコピーさせてください
                 またはクスリ名をご記入ください
    

薬へ期待すること
   1(  ) これまでと同様のクスリでよい
   2(  ) これまでと別のものを希望(下記チェック)
          A(  ) 眠気を生じない安全性  
          B(  ) 眠気の可能性より強い効果を重視
   3(  ) こだわらない
服用回数 (   )1回 (   )2回  (   )こだわらない
費用について 1(  ) 安いジェネリックを希望
         2(  ) 高めでも新しいクスリを希望
外用点鼻薬は?(  ) 不要
   (  ) 回数を多く使えるものを希望
   (  ) 回数が少ないもの(1日1回)を希望
   (  ) 刺激の少ない粉末剤を希望
外用点眼薬は?(   )不要
   (  ) コンタクトレンズと併用できる物を希望
----------------------------



----------------------------
   当院でおすすめしている 花粉症の治療薬

1 眠気を生じにくく それなりに効く 安全性重視 
 ○ くしゃみ 鼻水 かゆみを改善させるクスリ
   アレグラ(フェキソフェナジン)タリオン(ベボタスチン)
 ○ はなつまりがある場合は (咳にも有効)
   オノン(→プランルカスト)     いずれも1日2回服用  

2 1日1回服用希望の場合は
 ○ ザイザル (新しい ジェネリックなし)
    エバステル(エバスチン) ジルテック(セチリジン) 
    アレジオン(エピナスチン) クラリチン (ロラタジン)
 ○ はなつまりにはキプレス(新しい ジェネリックなし)

3 上記で効果を実感できなければ
  アレロック  (ロラタジン) 眠気を生じやすい(5%程度?) 

4 漢方薬 (小青竜湯)  
  妊婦または授乳婦など安全性を重視したい方に
  症状が強いときの西洋薬+αとしても
  ツムラ(1日3回) クラシエ(1日2回)
  粉が苦手の方には錠剤(クラシエ) 

外用薬
1 点鼻薬
  一日二回 ジェネリック 安い
  一日一回 新薬
  一日四回 ジェネリック 安い
  点鼻の刺激が苦手 → 粉剤 新薬
2 点眼薬
  コンタクトをしている場合は 一日二回 のものをどうぞ
  コンタクトをつける前とはずした後に使用
----------------------------


開業以来 花粉症の診療が苦手でした。

その理由は たくさんの患者さまが いっきに押し寄せる時に

この説明を おひとりおひとりに口頭でおこなうことに

疲れ果てていたからかもしれません。

今回の ことで 

もしかすると 花粉症診療の 苦手意識が なくなるかも?

などと 感じています。

早口の私へ 貴重な苦言をくださった患者さまに 感謝感謝でございます。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR