FC2ブログ

2016年 仕事始め 

遅ればせながら 新年 明けましておめでとうございます。

2016年 申年は 本日 1月5日 火曜の半日診療から 開始させていただきました。

たくさんの患者さまに受診いただき 午後2時過ぎに終了いたしました。

旅行疲れの 私は 途中で冷えと手のしびれを感じ プレドニンを服用して がんばらせていただきました。

今回の年末年始は 南半球 オーストラリアへ 出かけて参りました。

いつもながら お天気に恵まれ 

ハミルトン島では ヘリに乗って 有名なホワイトヘブンビーチ 

20160105-2.jpg

さらに ハートリーフを 眺めて 写真に残すことができました。

珊瑚礁(リーフ)の シュノーケリングでは 

これまでに見た中で 最高に幻想的な 海中の景色を眺めることができました。

20160105-3.jpg 

エアーズロック(現地名:ウルル)では

満点の星空の中に 南半球でしか見ることができない 大小マゼラン星雲を 肉眼で見ることができました。

また 月をバックに 朝焼けに浮かぶ ウルルの 写真も 撮影できました。

20160105-4.jpg

日本人観光客には ウルルの登山が ツアーで宣伝され 人気のようですが

昨年10月の 返還記念日に 登山道の鎖が 誰かによって 切断され

以来 登山道入り口の門は閉鎖されたままです。

アボリジニの先住民は ウルルは 聖なる山であり

以前から その地に 観光客が登山することを 快く思っておらず

今回の 鎖切断事件 の 以前から設置されている 登山道入り口の立て看板には

登山するな との 強いメッセージが 書かれておりました。

登山道の鎖は 修復をおこなおうという 気配がなく

現地の先住民が 強い意志をもって 鎖を断ち切ったことが 感じられました。

今後 エアーズロックへ出かける方は 

登山することを 決して 期待しない方がよろしいでしょう。

幸い 私も妻も 登山には まったく興味がありませんでした。

登山を 観光の柱としてきた エアーズロックの観光は 大きな転換期を迎えているようです。


ところで 海外のビーチへ出かけるときは 

いつも 日本で乗れない ジェットスキーを 楽しみにしておりますが

今回は 英語の速い会話を 理解できないからという理由で 参加を拒絶されてしまいました。



頭ごなしに おまえは 私の英会話を 理解できないから ダメだ と 私に言う 

図体のでかい 失礼な 現地担当者(たぶん 名前はボブ)の姿から

私は ボブのような失礼な態度を 

患者さまに対して 断じておこなわない と 決心することができました。

最後の写真は

シドニーで 乗った ジェットボートです。

昨年 ニュージーランドでも ジェットボートに乗ったのですが

そのときとは 比較にならない サービス満点の ハッピーな体験でした。

もし シドニーへ出かけることが あれば 一番のおすすめでございます。

ただし、 カッパを借りられますが 全身びしょ濡れになりますので

その覚悟と 着替えの準備をしておかれるように どうぞ。

20160105-5.jpg

今年は どんな新鮮な体験をできるのでしょうか?

本年も 日々 感謝の心を忘れず 楽しんで過ごしてゆきたいと思います。





関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR