FC2ブログ

副耳 手術をおこなわない治療で治癒

3才9ヶ月の お子様

生下時からあった 副耳の治療を K小児科さまから ご依頼いただきました。

極度の恐がりやさんであり 

病院での 全身麻酔下手術が 望ましいと 判断されました。

入院の場合は 保護者の付き添い など 大変ですので

ダメもとで 副耳の基部を シルク糸で縛り 

虚血壊死させる 方法を 試みてみました。

(上越病院勤務時に 一例 うまくいった経験がありました)



図の 一番上が 初診時 その右下が シルク糸で縛った状態

右下 2番目が 二週間後

左下が 本日です。

皮膚が期待通り 虚血壊死

2週目に 軟骨を締め付けるようにして シルク糸を追加しました。

その4日後 ポロリと自然に とれたとのこと

本日は カサブタで きれいになっておりました。


手術ではありませんので

K288 副耳(介)切除術  2,240点 は 保険請求いたしません。

よくなっていただければ それで幸せでございます。




 


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR