FC2ブログ

集団的個別指導

昨日 集団的個別指導に 参加してまいりました。

上越地区での開催日程が 学会と重なったため 長岡まで でかけました。


集団的個別指導の選定基準は

一人当たりの点数が平均の1.2倍以上 

かつ 上位8%に相当する施設に お呼びがかかるとのことでした。


集団的個別指導に呼ばれた施設は 点数の低下がない限り

2-3年後  個別指導を うけることになるようです。

個別指導では 指定された患者様 30人分のカルテを 印刷して提出

それを見ながら 診療内容の指導を受けるという ことのようです。


昨日の会においで 指導の先生は

患者さまのためを考えた 診療をおこなっておられることと思いますので

何も臆することなく 堂々と 対応してください

と 話してくださりました。


当院は 初診率が 40%以上と高く かつ オペもおこなっています。

さらに 病院と変わらない診療内容を提供すべく CTや内視鏡検査をおこなっております。 

いずれも診療点数の増加につながります。

http://web01.joetsu.ne.jp/~yigarash/clinic data.htm


点数を下げるには 

初診率を下げる (私の意志とは関係ありません)

オペを控える  (すでに控えぎみですが 需要があれば 対応せざるを得ません)

必要な検査をしない (診療内容の消極化) ということになります。


電子カルテにある 30人分のカルテをわざわざ印刷するのは 手間がかかりますが、

質の高い診療を提供している結果 お声がかかったと判断して

個別指導に呼ばれる日を

誉れ高い気持ちで 待たせていただきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR