FC2ブログ

溶連菌感染による扁桃肥大 治療で改善

インフルエンザの患者さまが まだ ぼちぼちいらっしゃいますが

溶連菌感染の患者さまの方が 当院では多いかもしれません。

その中のお一人

二日前 溶連菌感染症と診断し 上の写真のような扁桃肥大を認めた患者さま

セフェム系抗生剤を処方させていただいたところ

本日 下の写真の様に

扁桃肥大の改善傾向が認められました。

20140312-3.jpg

以前 扁桃腺肥大が自然に縮小した小児患者さまの経験を ブログに残しました。

今回は 抗生剤で縮小傾向という

また 新しい経験をさせていただきました。

扁桃肥大は 保存治療でも改善する可能性あり ということを学びました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR