FC2ブログ

微熱 咳 → インフルエンザ陽性

上越地区では インフルエンザがしっかり流行しているようです。


インフルエンザの典型的症状は

38度以上の 高熱 悪寒 筋肉痛 ですが

発熱が ほとんどないか もしくは 微熱程度で

咳だけ 気になるとして 受診された 小児患者さまが 

迅速検査で A型陽性と判定されました。

しかも 別々のご家族 で お二人です。

いずれも ご家族が インフルエンザ陽性のため

念のためおこなった 検査でした。


数年前 新型インフルエンザで 大騒ぎになったとき

水際で 日本に入るのを防ぐ目的で

空港の国際線入国口で 赤外線による 熱センサーが 用いられているニュースを 思い出しました。


インフルエンザでは

今回の患者さまのように 発熱のほとんどない 場合もあります。

もしかすると ノロウイルスのように

症状がまったく出ない 不顕性感染も あると思われます。


だとすれば 

熱センサーなどで 新型インフルエンザを 水際で食い止めるのは

ほぼ100% 不可能 ということになります。


最近みた NHKの番組で

インフルエンザワクチンが あまり有効でないことが明らかになってきている

有効でない理由として

卵を使ってウイルスを増殖させるワクチンと

人に感染するウイルスとは タイプが異なるため と 説明されていました。


結局 科学技術を使ってインフルエンザを予防するのは 幻想ということになります。



やはり 現時点では 抗インフルエンザ薬を常備して

怪しいときには すぐ服用するのが 一番確実 と 感じました。


そのうちに 抗インフルエンザ薬が効かないウイルスも出現してくるでしょう。


そのときは 最終的には 自分自身の体力免疫力を高めておく

という ことになるでしょうか。










関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR