FC2ブログ

溶連菌による扁桃腺炎

溶連菌

溶連菌によるのどの痛みを訴える方ののどの写真です。

写真中央に垂れ下がっている のどちんこ

正式名称 口蓋垂が 赤く腫れているのが特徴的です。


溶連菌かどうかは、迅速検査で判定できます。

この検査をおこなえるようになってから

溶連菌陽性の方は、症状が重篤なタイプのことが多いことがわかりました。


扁桃腺炎が重症化したものとして

扁桃周囲膿瘍 という病気がありますが、

この場合も 溶連菌迅速検査の陽性率が高い印象があります。



のどの迅速検査には アデノウイルスのキットもあります。

病院時代に アデノ検査もおこなってみたのですが、

こちらの陽性率はゼロでした。


扁桃腺炎に関する 知見 意見は

耳鼻科と 他の科では異なる面が少なくないようです。


教科書に書いてある内容は過去の知見

真実は 目の前の患者さんでおきていることの中にのみにあると

どこかに記載してありました。


過去の常識にとらわれず、

広い視野で判断することをこころがけたいと思っております。





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR