FC2ブログ

診察室の画像ファイリング電源ダウン

本日 

昨日 朝 のような ネットワーク トラブルがなく

電子カルテ 画像ファイリング ともに 正常に稼働することを 確認いたしました。

ほっと安心して 休憩室でコーヒーをいただき

診察室に戻ってきてみると、、、

画像ファイリングの画面(黄○)が真っ暗でした。

スクリーンセーブ状態になっているのかな? と 感じましたが

電源が切れていました。。。。

電源ボタンを押すと

1 3 とともに 電源ボタンが オレンジに点滅

モリタ製作所担当者さまに電話

本体後ろの電源コードを一度抜去し しばらく後 差し直し

再度 電源ボタンを 押してみましたが

状況は 変わりませんでした。。。

このパソコンは 二日前にメモリの交換をしていただいたのですが

今度は電源パーツが ダウンしたようです。



幸い 電子カルテは 正常に動いており

画像ファイリングシステムも

メインサーバー CT担当  二つのパソコンが正常に動いていました。

聴力検査 レントゲン CT も OK です。

20100917


できないことは 

内視鏡画像の取り込み と 

診察いすにかけた状態での 患者さまへの画像説明 のみ


残っている

メインサーバー と CTパソコンを 最大限利用して

診療をおこなうことを 決意。


患者さまに 不都合をお詫びしながら 無事 診療を終了いたしました。

(結構 新鮮味がありました)


診療終了後

修理担当者さまが 電源パーツ交換作業を おこなってくださり

故障から ちゃんと 復活しました。

20131003-2.jpg

本日午後は手術予定があったのですが

患者さまのご都合で 二日前 延期になりました。

これは とてもとても幸いでございました。


これまでのトラブルのほとんどが 

朝 パソコンの電源をつけた 診療開始時に生じております。



修理担当者さまに お話を伺うと 

電源パーツの故障は 少なくないとのこと、、。

電源のオンオフをおこなうよりも

つけたままの方が 故障が少ない とも。


実は CT担当パソコンは 一度電源を落とすと

立ち上げ直後のCT検査で 必ずエラーを生じるため

数ヶ月前から 24時間 つけたままにしており

ついでに メインサーバーも 24時間つけたまま

夜中にデータのバックアップをおこなうようにしており

まったく トラブルを生じておりません。


今回のことから、 

診療業務に使う 他のパソコンも 

故障せず 必要なときにしっかり動く ということを重視し

可能な限り つけたままにしようと考えました。

さらに パソコンは 熱や湿気に弱いので

エアコンも できるだけつけたままにしようと 考えました。

診療重視 あえて 節電に反する方針とさせていただきますことを ご了承くださいませ。


追記

この翌日 内視鏡画像がパソコン上で見られない 症状が出現

いろいろ検討して 結局

パソコン裏の 画像入力コードが 間違って差されておりました。

三日連続の ハプニング

いずれも モリタ製作所担当者さま に 助けていただきました。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR