FC2ブログ

ローダウンのエアロ破損が良い方向へ

ややローダウン仕様にしていただいたオープンカー(レクサスSC430)

先週初め イチコさまの ちょとした道路の突起に接触して

フロントエアロが破損いたしました。  




通常車高のクルマを その場所に置いてみたのが 下の写真です。

車高の低いクルマを時々見かけますが

ドライバーは このような段差を見るたびに 肝を冷やしているのかもしれません。

20130524-3.jpg

コックピットシーズさまによって 完璧な修理をしていただき

ついでに 車高はできるだけ高めにしていただきました。

破損前 ややフワンフワンして高速コーナーの安定感に不安がありましたが

車高があがるとともに ちょうど良い固さとなり

以前乗っていた TTRSのような しっかりとした すばらしい足となりました。

20130524-1.jpg

今回のことで

ローダウンのクルマは エアロを破損しやすいリスクを持っており

ローダウン車のドライバーは リスクを負ってもデザインにこだわっていることを知りました。

(かっこをつけることは やせ我慢をすることなのですね)

また クルマの乗り心地は 足回り部品をかえることだけでなく

高さや固さの設定を変えることで変化するという 楽しい経験をさせていただけました。

エアロの修理ついでに ipod接続インターフェイスも取り付けていただきました。

予想以上の使い勝手のよさで

クルマのオーデイオ環境が 文句なしの高レベルになりました。 


一見悪いことのように見える出来事(エアロの破損)でしたが

すべてのできごとは 良い方向につながっているのだなあ

ということを 改めて感じさせていただきました。


昨年の今頃は イヴォークを購入してすぐ手放し

その後 購入した ミニロードスターも短期間で手放しました。

TTRSともお別れして 現在所有は 日本車だけとなりました。



SC430のデザインは フェラーリ ポルシェ ランボルギーニなどよりも優れているなあ

と感じていましたが デザイナーは 初代Vitzをデザインしたギリシャ人で

その後 トヨタから audiに移籍したとのことを 最近知りました。

スタイルは最高でも 足回りとipod接続に課題があった

SC430も これで 問題が解決し 次に欲しくなるクルマが見あたりません。


クルマ購入するたびに 車庫証明などの書類を準備してくれていた妻は

クルマ道楽が一段落したようだと喜んでおります。 





エアロの破損を発見したのは 西小学校の耳鼻科検診終了後でした。

道路の突起に衝突した先端部分と破損箇所が異なるため

お見送りくださった先生に 

現場で傷ついたのかもと お話してしまいましたが勘違いでした。

ご心配とご迷惑をおかけして 誠にまことに申し訳ございませんでした。

心からお詫び申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR