FC2ブログ

披裂喉頭蓋炎

日頃 複数の糖尿病治療薬を服用

今朝から のどの痛みを自覚して受診された 

70才代の男性患者さま

内視鏡検査で 喉頭蓋(声帯のふた) 披裂部(声帯と食道を隔てる壁)

の粘膜が 水風船のように膨らんでいるのが確認されました。

20121222

受診時 呼吸困難を自覚しておられませんでしたが

このまま 放置しておくと 声門(気管の入り口)が閉塞して

窒息する可能性があります。

土曜日の午後で 申し訳なかったのですが

県立中央病院の 救急担当ドクターに 入院加療をお願いし

快く引き受けてくださいました。

年末年始のお休みも 病院のドクターに休みは ほとんどありません。

感謝感謝でございます。


付 マヤ歴が 昨日12月21日で終わりとなっていることから

 数年前から 2012年は アセンションの年 大変なことが起きる年 と 言われてきました。

 実際に2012年12月22日を迎えてみると それは いつもと変わらぬ土曜日でした。

 何かと理由を見付けて 騒ぎたがるのが 人間の性なのかもしれません。

 天災は 人間の予想を超えたところでやってきます

 それを 予想して 騒ぎ立てるよりも

 実際に起きたときにどうするか または 開き直るか
 
 そして それが起きていないことに感謝して 日々を大切にして過ごすことが重要

 と あらためて感じております。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR