FC2ブログ

鼻腔を閉塞するポリープ症例の手術

本日 お昼休みの時間

数年前に 長野県の病院で左副鼻腔手術を受けポリープが再発した

患者さまの手術をさせていただきました。

ポリープは左の鼻腔に充満

一部は右鼻腔の後ろまで広がっておりました。

ポリープで鼻腔の奥が隠されていたため

通常一回入れ替える麻酔ガーゼを二回入れ替え

なんとか後ろのほうまで 十分な麻酔を効かせて視野を確保することができました。

手術では ポリープを切除した断端から にじむような出血がかなりあり

電気メスで止血しながらの 操作となりました。

手術時間は 通常 片側30分のところ 約60分 かかりました。

出血も 約400mL と 当院の手術では 多かった印象です。

術創に充填する止血綿(カルトスタット)を 通常の三倍ほど使用しました。

20121023

夕方の時点で少々出血があるようですが ほぼ 問題ないようです。


お昼休みは ほとんどとれませんが 

働かせていただいている(生きている)という 充実感を得られます。

こんな私の診療につきあってくださるスタッフに 感謝感謝でございます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR