FC2ブログ

お子さまが漢方を飲みやすくなる工夫

最近

小児の遷延する中耳炎(滲出性中耳炎)に対して

小児喘息に用いられる 麻杏甘石湯 を使って良い感触をえており

スタッフの協力をえて

6月30日 新潟の学会で発表するべくデータをまとめております。

漢方の欠点は 苦いことです。

対策として 

薬局さまにお願いして ココアパウダーを混ぜることを試みておりますが

何割かは 脱落されます。

昨日 もっと よい方法が見つかりました。

つちうち東口クリニックの 川嶋先生 が

辛夷清肺湯 に アンプロキソールを混ぜて処方すると

97%で 服用が可能であった と記載された論文を見つけました。

 アンプロキソールドライシロップ

(製品名はムコソルバン ムコサール プルスマリンなど)

は去痰剤として 日常 蓄膿や上気道炎によく用いております。

さっそく 薬局さまにお願いして

ミックスしてみたところ 結構おいしい味です。

さらに ココアを混ぜると もうお菓子の味です。

うれしい発見です。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR