FC2ブログ

頑固な乗り物酔いには?

本日

乗り物酔いをしやすく苦しんでいる 10歳ぐらいの男の子と

お母さまが 来院されました。

私のブログを見て ご来院くださったとのことです。

ありがとうございます。


「乗り物酔いは 病気というよりも 三半規管の反応が過敏なだけ

 簡単にいうと デリケート なのです。

 積極的に 頭を動かす運動をして 三半規管を鍛えてあげるとよいと思われますが、、、、。」

と説明させていただきました。

お話をうかがうと 

運動に関しては 走ることは得意だけれども

それ以外の運動はあまりしない とのことでした。


私自身も 子供の頃 乗り物酔いに苦しみ バス旅行が恐怖でした

また 鉄棒やマット運動は 目が回って気持ち悪くなるので 大の苦手でした。

中学校に入って 柔道を少々するようになり

受身の回転運動をおこなうようになってから

乗り物酔いが 少しばかり改善したように思います。

(ただし 今でも 船酔いします)


お母さまと そんな話をしながら

何か対策がないものかと

(このブログを書いている) 手元のパソコンでネット検索したところ

バス酔いを防ぐ方法 というサイトがみつかり

ここに 記載してある

酔い止めのつぼを圧迫するバンドを 試してみることをお勧めいたしました。


ついでに 酔い止めのクスリは

私が 2005年 佐渡の海峡横断 に医療スタッフとして参加したとき

自分で服用して 効果を実感したアネロンが 

一日一回服用 しかも眠くならないので一番 と 説明させていただきました。


酔い止めバンドは 釣具屋さんで

アネロンは クスリのアオキ あたりで お買いもとめいただくよう

お願いいたしました。


よい 結果につながると うれしいです。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マット運動など器械体操等をするとかなり三半規管が鍛えられますね

自身も学生時代に陸上競技で室伏選手と同じ種目をやっててバランス感覚等を鍛える為に練習の1つにマット運動をかなりやったのを思い出しました

と言いつつ、本日も目眩の経過と花粉症?のダブルで診察に伺わせていただきました

No title

コメント および 当院をご利用いただきありがとうございます。
患者さまには知ったかぶりのことをお話させていただいておりますが、私自身、いまだ乗り物酔いしやすく デリケートでござります。また 花粉症にも悩まされております。
身体の訴えを聞きながら無理せず過ごさねばと思っております。
プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR