FC2ブログ

花粉症と漢方

花粉飛散予報どおり 今年はスギ花粉の飛散が多く、 

花粉症に苦しむ患者さまが多い印象です。


今年のように 花粉が大量に飛散したときは

通常量のクスリだけでは 症状をコントロールできませんので

抗ヒスタミン剤 や 漢方(小青竜湯) を 

頓服として追加させていただいております。


私自身が服用して これはよいな と感じるのは漢方です。

西洋系の花粉症治療薬は 

眠気を生じやすいことが欠点ですが

小青竜湯には 

脳を興奮させるエフェドリンを主成分とする麻黄が入っており

眠くなるどころか 逆に 元気がでます。


抗ヒスタミン剤と小青竜湯の併用が

ちょうどよいあんばいかな とも思われます。


昔から伝統的に受け継がれてきたものは

何らかの優れた面があるのだな と 再認識いたしております。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR