FC2ブログ

耳のCTをわかりやすくする工夫

当院に導入しているコーンビームCTでは

三次元方向の観察ができるため

難しい耳の解剖が 病院でCT写真をみていたときよりたいへん理解しやすくなりました。

次の写真は

右耳を外側から眺めて切断した画像です。

20101213-3


この画像を ネガポジ反転させると 

さらに 直感的にわかりやすくなります。


20101213-2

ネガポジ逆転すると

骨は黒

空気は白

軟部組織や液体はその中間となります。


物事の見かたを 反対から 見ると意外な発見がある

という1例を 教えてくれているようです。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR