FC2ブログ

局所麻酔で鼻手術をおこなうこつ

本日は 

鼻中隔矯正術 

両 粘膜下下鼻甲介 

左 上顎洞篩骨洞根治手術

を午前外来終了後におこなわせていただきました。

祝日明けのため外来が混雑しましたが、

13時過ぎから 手術準備開始

15時30分前には 患者さまにお帰りいただけました。


当院の日帰り手術はすべて局所麻酔でおこなっております。

局所麻酔で鼻の手術を安全におこなうこつは

1 十分な痛みのコントロール

2 血液がのどへ落ちないようにするパッキング

の工夫にあると感じています。

下の写真は

上 鼻の奥につめる前のパッキングスポンジ

中 両側の鼻の奥にスポンジをつめた状態

下 スポンジに結んだ糸の顔面への固定       です。

20101105

以前 パッキングはガーゼを鼻の奥につめていましたが、

ガーゼがのどに落下することが多く

パッキングも不十分な印象でした。

そのため、

術中、のどに血液やガーゼが落下して

患者さまにご負担をおかけすることがありました。


このスポンジを折りたたむようにしてつめると

固定がしっかりしてパッキング良好

結んだ糸のおかげでのどに落ちる心配がありません。


私のアイデアを優秀なスタッフが手作りで実現してくれたものです。

苦労はアイデアが生まれるチャンスと感じたひとつの例です。

感謝感謝でございます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 今日の感謝
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR