FC2ブログ

2019最後の内視鏡下鼻副鼻腔手術

本日 12月24日  午後
2019年最後のESS(内視鏡下鼻副鼻腔手術)を施行させていただきました。

鼻の手術記録は 見ない(みたくない)
という ご意見を いただいたことがありましたので
手術写真は しばらく 控えておりましたが
ブログの 主目的は 自分の記憶として残すこと に しておりますので
久しぶりに のせさせていただきます。
患者さまは 30歳代の がっちりした男性
ドルミカムで しっかり 麻酔
術中 ほとんど眠っておられました。
ドルミカムは 若い男性に有用ですが
50歳を 超えた方に 使用すると 効果が強すぎることが わかりました。
(無意識の 強い体動が 生じて危険です、 お酒に悪よいした状態とそっくりです)
先週 60歳代男性の ESSは
従来どおり ホリゾンによる麻酔で スムーズに進みました。
患者さまに応じて 麻酔を使い分け
安全な手術をおこなう
基本に戻ることが できて 安心しております。
ところで うれしいことがあります
ブログで ご報告した
厳しいご意見をいただいた 口コミは 消えておりました。
(投稿者 ご本人の 判断でしょうか??)
もうひとつ うれしいこと ほっとしたこと
当院に 11月 税務調査が入りました。
やましいことは 何一つないので 帳簿をすべて どうぞどうぞと お見せしました。
まったく 問題なしとの書類が届きました

これまで いただいた感謝状や 資格証明書
どれよりも うれしい書類 と 感じました
怒らず 恐れず 悲しまず
正直 親切 愉快
清く 正しく 美しく
感謝を持ってすごす
中村 天風 氏の 教えを あらためて 思い出し
まったく そのとおりだなあと 感じました。
そんなことを ご報告させていただいた
本日も 感謝感謝でございます
写真は 先週の朝 見た
雄大な 虹です
15771838130.jpeg
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつも綺麗な手術画像、ありがとうございます。
私は化石のような耳鼻科医で、コードウェルリュックの世代です。
内視鏡の手術は目が回って付いていけません。
60までは近くの病院のオープンベッドで耳や扁桃腺、甲状腺、耳下腺の手術をしていましたが引退しました。今は外来で口腔底の唾石やガマ種の開窓をする程度です。

Re: 2019最後の内視鏡下鼻副鼻腔手術

私も60の数字が身近に感じる年齢となりました

自分の気力 体力と相談しつつ 需要がある限り 安全第一で 手術を続けたいと考えております
プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR