FC2ブログ

鼻腔腫瘍摘出術

中鼻甲介を基盤とする パピローマと思われる 鼻腔腫瘍の患者さま





鼻腔腫瘍は 全身麻酔下に 入院設備のある 病院でおこなうもの

という ご意見を 以前 保険担当者さまから いただいておりましたので

病院での 手術をおすすめしたのですが

当院でおこなってほしいとの 強い ご希望をいただき

本日 ESSに 準じて 内視鏡下手術を おこないました。


術前の待ち時間 非常に 強い緊張を もっておられ

血圧も 心拍も 上昇

私が 最近服用している インデラルとアダラートを服用していただき

ある程度 血圧 心拍ともに 落ち着き

手術直前の注射 (プレメディ)で ドルミカムを 注射すると

数分後には ぐっすり

手術中は いびきをかいて 眠っておられました。

ドルミカムは 沈静作用ととも 呼吸抑制作用が 強いため

使うことを 躊躇しておりましたが

最近は 好んで 使うようになりました。

おかげで 手術も ほぼ全身麻酔下に おこなうのと同様

迅速 スムーズに 進むようになりました。

もちろん 精密な心電図モニターを 常時 観察しながら

何かあれば すぐ 対応できるように しております。

手術が終われば ドルミカムの効果を なくす リバース薬(アネキセート)を投与

意識クリアーな状態で 

徒歩 クルマに乗車して ご帰宅いただいております。


日々の 診療で 工夫を繰り返し 

スムーズに 処置 手術を おこなえたときほど 達成感 幸福感を 感じることはありません。

そんな 本日に 感謝感謝でございます。    

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR