FC2ブログ

顕微鏡下に 大きな 唾石を口腔内から摘出

長径 7ミリの大きな 唾石
口腔底粘膜の上に 麻酔液を浸したガーゼを置き 表面麻酔
ブジーで 唾液腺管出口を 探り 少々拡大
耳用の 微小剪刀(はさみ)で 開口部 を ちょきちょき 広げてゆくと
大きな 白い 唾石が 姿を 現しました。

唾石を 取り出し 止血剤と麻酔液を含ませた 綿球で圧迫
止血を確認して ご帰宅いただきました。
この手技は カメラ付きのZAISS顕微鏡で 外来診療をおこなう
開業後 に 確立いたしました。
病院では 手術室で 拡大ルーペをつけて 苦労しておこなった記憶があります。
ZAISS顕微鏡は 他メーカーより お高いのですが とてもとても 優秀です。
処置 手術用だけでなく
日常診療で 鼻腔や咽頭を観察することにも 用いており
耳鼻科医のトレードマークである 額帯鏡や
これに準じた 額帯スコープを 使う必要が なくなります。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR