FC2ブログ

胃酸の咽喉頭への逆流と 喉頭肉芽種治療

ほぼ 毎日 のどの違和感を 感じて受診される

患者さま を 診察させていただいております。

その中の 代表的な 内視鏡 写真を一つ

あわぶくの部分が 食道から 咽頭へ逆流した 胃酸をともなう痰

これが 喉頭と食道の間の高い壁(披裂部)を 乗り越え

声門 気管方向へ 侵入すると

その 通り道が 赤くなっているのが わかります。

侵入の末端に 刺激にともなう肉芽 が 形成されたものを

喉頭肉芽腫 と 呼びます。

この患者さまは 肉芽のある声帯と反対側の声帯に

いわゆる 声帯ポリープ を 認めます。

声門部へ侵入する痰を 出すために

強く 咳を おこなったためかもしれません。



次の写真は 喉頭肉芽腫の 治療過程です。

治療は 胃酸を抑える PPI(プロトンポンプ阻害剤)と

ステロイド吸入 で おこなっております。

治療開始 1カ月目では まだ 改善を認めませんが

2カ月目から 縮小傾向を認め

3カ月目には ほぼ 消失し 治癒と判断されました。

20190220-3.jpg

この患者さまは うまくいった例ですが

同じ治療をおこなっても 良くならない患者さまも いらっしゃいます。

絶対これで 大丈夫という治療方法はなく

ひとそれぞれ ということを 学ばせていただいております。 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR