FC2ブログ

あけましておめでとうございます


2019年あけましておめでとうございます。

本年は インドで新年を迎えさせていただきました。

20190107-2.jpg

成田からデリーへ向かう便は 4時間の遅延、、、

デリーでは お釈迦さまの手が 迎えてくださりました。

デリーで一泊 翌日はヒンズー教の聖地 ベナレスへ

20190107-7.jpg
車 バイク  ごみ 牛 物乞いの人々があふれる カオスの町でした。

道路は大渋滞 交通規則なんてものは ほとんどなさそうな 

クラクションを鳴らして すこしでも空いていそうな所へ 入り込み 

ひたすら前へ進む そんな ものすごい クルマとバイクの流れでした。

20190107-3.jpg
翌朝 ガンジス川で沐浴する人々を見に出かけたとき

かろうじて ここは聖地なのだなあ という 印象を感じることができました。
20190107-8.jpg
たまたま撮った写真に うつった道化?の方

うつした代金を しっかり 請求されました。

アグラへ移動

名前は 誰でも知っている タージマハルへ
20190107-4.jpg
ここだけは 別世界

フランスの ベルサイユ宮殿に負けない 豪華な建物 と 観光客の多さ が 印象的

これを作った王様が 国のお金を使いはたし 晩年 次の王になった 息子に幽閉されたというのも 納得できました。

8か所の世界遺産を目指し バスと飛行機で ひたする移動しまくる旅でした。
20190107-9.jpg


20190107-5.jpg
ランチの食堂前に来た 姉弟

かわいい表情で踊っていましたが 裸足です、、、、。

かわいそうになり つい お金をあげてしまいました。

渋滞している交差点では 花を売る子供 ただ 手を出して物乞いをしている人

そんな人々が多数目につき とても 悲しく感じました。

インドは お釈迦さまの生まれた土地ですが

現在 主流は ヒンズー教

仏教の遺跡へ向かっても そこには お坊さんはほとんどおらず

チベットからの観光客が 敬虔にお祈りしている姿が印象に残りました。

海外から観光客を迎える 空港や ホテルの玄関にだけ

きれいなお釈迦さまが 飾ってあることも 印象的でした。

20190107-6.jpg

インドで学んだことは 人は どんな厳しい状況でも たくましく生きることができる

という ことでしょうか。

清潔な国 日本に生まれ 平和に過ごさせていただける 感謝を 

またまた あらためて確認させてただいた インドの旅でございました。









 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR