FC2ブログ

右 ESS

本日午後

右 前部篩骨洞 と 上顎洞に CTで慢性陰影を認める患者さまの

内視鏡下鼻副鼻腔手術(ESS)を 行わせていただきました。

CTで わずかなと思われた 前部篩骨洞の病変は

実際に開放してみると かなり広い範囲に認められました。

また 上顎洞には チーズ状の 塊が認められました。



出血点の 焼灼止血には 

前回 その優秀さに感動した 吸引凝固システムを 使いました

が、、、 今回は 焼灼能力が 今一つでした。

次回は 先端部を 少し湾曲させ

粘膜に触れる電極範囲を小さくして みたいと 考えております。

不都合は あらたな工夫のチャンスです。

本日の手術自体は とてもとても きれいに仕上がったと 感じております。

ハイビジョンカメラシステムは 

細かいところまで 病変が確認できるため

手術操作も 細かいところまで 丁寧に行えます。

その分 手術時間が 以前より 長くなりますが、

患者さまにとっては とても よいことだと 感じております。

本日も 充実した診療をさせていただき

感謝感謝で ございます。


 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR