FC2ブログ

オンダリビア

スペインバスク 二日目の ご報告です

ビルバオから 高速道路にのり 

ピカソの絵で 有名な ゲルニカへ立ち寄りましたが

とくに これといったものはなく ただ 寄っただけでした。

その後 国境を越えて 

フランス サンジャンドリュズへ 向かいました。

高速道路の国境には 銃を持った兵隊さん?が 立っていました。

サンジャンドリュズでは クルマの駐車場がなく 

一枚写真をとって スペイン オンダリビアへ 下道で戻りました。

下道の国境は 日本の県境と同様 検問など何もありませんでした。

下の写真は 二泊目 オンダリビアの パラドール

3月の旅行で アルハンブラ宮殿の敷地内にある パラドールに宿泊

その時の 素晴らしさを もう一度と 特別に手配してもらいました。

このホテルが 城壁に囲まれた丘の上 旧市街にあり

ナビが ホテル駐車場への正しい道を示してくれず

駐車場へ たどり着くのに とてもとても苦労しました。

なんとかチェックインすると そこは 外と別世界

写真のような 絶景が 待っていました。

街の バルで簡単に食事をしましたが しょっぱすぎて 口に合わず

お店で ボトルワイン と つまみを購入し 

この場所で のんびりと贅沢な 午後を楽しみました。



ビルバオでは 日本人に出会いませんでしたが

この オンダリビア パラドールでは

非常に高い率で 日本人旅行客を見かけました。

パラドールは 普通の旅行に飽き 贅沢を求める 日本人旅行客の志向にぴったりのようです。

今回の旅では 夕食をほとんどとらず 遅いお昼ご飯で終わりにしました。

日本から 7時間遅れの時差がありますから

スペインのお昼ご飯 と 日本の夕ご飯 の 時間がちょうどあいます。

この日も そのまま お休みし

目覚めたら 早朝です。

目の前に 素敵な 朝焼けの景色が 広がり、 妻も大喜びでした。

20180506-7.jpg

私は このあと エレベーターで 城壁の下へおり

海沿いを お散歩しました。

これがまた とてもとても 贅沢な経験となりました。
20180506-8.jpg

スペインバスクへお出かけをお考えの方

オンダリビアのパラドールは おすすめでございます。

こちらは 朝食がついておりますが

夕食は レストランでも用意されておりません。

近所の 美味しいレストランで どうぞと いうことのようです。

私達は この日まで 目的のレストランが全くなく ぷらぷらしていました。

あらためて 調べると

オンダリビアにも ミシュラン一つ星の リーズナブルなレストランがありました。

しょっぱいバルに でかけるよりも 素敵な経験をえられたかも??

と 少々 反省しております。


ちなみに 

3-4泊目の サンセバスチャンでも 目的のレストランは まったくありませんでした。

パラドールでの 朝食で お隣のテーブルに座られた

日本人のご夫妻から 

アケラーレという ミシュラン三ツ星レストランに 前日でかけて

眺めも 食事も最高だった との お話を伺い

初めて アケラーレという レストランを検索。

コース料理 一人200ユーロ(約2.8万円!!)

せっかくのおすすめなので 予約を 試みましたが ダメでした

それではと 

アケラーレよりも もっと良いところと 書いている 日本人の口コミを発見

その マルティン・ベラサテギ というところを発見

(ミシュランの 星つきレストランには 全く関心がありませんでした)

コース料理 ひとり260ユーロ(約3.6万円!!!!)

せっかく スペインバスク サンセバスチャンに来たのだからと

トリップアドバイザーで 2時に 予約しました。



オンダリビアから サンセバスチャンは すぐ近くなので

午前中いっぱい パラドールで のんびり過ごして

12時過ぎに レンタカーで パラドールを出発しました。

目的のレストランには 12時半に到着

予約時間まで まだ かなりあるので

予約できなかった アケラーレへ 行ってみよう ということになり

ナビへ 行き先を 入力して 出発

長い毛が特徴の 羊がいる すれ違いのできない山道を 

走らされる 苦痛のドライブとなりました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR