FC2ブログ

喉頭蓋炎の貴重な経験

二日前からのどの痛みと嚥下困難を生じ 

昨日 内科を受診

症状が改善しないため

今朝 当院を受診された患者さまです。

上の写真が 

最初に内視鏡で観察させていただいた喉頭の所見です

披裂部とよばれる食道の入り口にある粘膜が腫脹していますが

白いひだのような喉頭蓋は なんとか大丈夫と思われました。

いつものように

炎症を改善させる目的で抗生物質と多めのステロイド

さらに 脱水傾向になっておられると思われたため

点滴補液をおこなわせていただきました。


点滴が終わるころには

症状が改善しはじめると期待したのですが

右首の腫れが出現し始めました。

さらに

内視鏡検査を再検させていただいたところ

下の写真のように所見が増悪し

喉頭蓋も著明に腫脹しておりました。


窒息の危険が非常に高くなったことを

ご本人ご家族に説明し

早々に病院へ紹介させていただきました。


20100818


喉頭蓋の周囲に腫脹があった場合

わずか数時間の間に

喉頭蓋の腫脹が急速に進行する場合があることを

経験させていただきました。



お元気に退院されることをお祈りしております。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 診療の記憶
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR