FC2ブログ

信玄の薬湯 渋・辰野館

最近 クルマでの 秘湯巡りが 趣味となり始めております。

きっかけは 昨年 8/11-13

東北 (青森 秋田)へ あてのない旅にでかけ

昔ながらの 趣にあふれる 温泉を 堪能 し 感動したことにあります。

東北には すばらしい温泉が たくさんあるようですが

出かけるのは ちょっと たいへんなので

身近で 似たようなところを 探しております。

結果として 秘湯を守る会の 温泉が 多くなっています。

今 一番のお気に入りは 渋 辰野湯 (奥蓼科温泉) 

20170109-1.jpg

年始に 出かけ 私と私の家族の たいへんな お気に入りの場所となり

一週間後の 1月7日 に 再び 出かけた 次第です。

お風呂は 三つありますが

一番のお気に入りは 下の写真 信玄の薬湯 です。

20170109-2.jpg

滝のように 注がれている手前が 源泉 20度以下

奥は 40度以上に 加温してある 浴槽です。

木は 東北青森の檜葉(ヒバ)

シャワーや 洗い場など 現代的なものは なーんにも有りません。

これが 東北の温泉と 同じ 深い趣を もたらします。
 
20170109-3.jpg

最初は 加温された浴槽に つかり

少しずつ 冷泉に つかってゆきます。

冷泉に 身体がなれると 雑念がどこかへ 消えてゆき 瞑想しているような気分になれます。

温泉の歴史を 物語る セピア色の写真
20170109-4.jpg

奥蓼科温泉の近くには

東山魁夷 の 緑響く という絵が 描かれた 御射鹿池 が あります。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR