fc2ブログ

つばめの子育て放棄

前回のブログで ツバメのヒナが生まれたようだと お伝えしたのですが

5月23日月曜 

すべてのヒナが 親鳥により 巣から外へ 放り出されてしまいました。

一部のヒナを 巣に戻しましたが その後 また 放り出されました。


新しいオスが やってくると 

前の オスの遺伝子を受け継ぐヒナを 落としてしまうことが あるそうです。

今回 そのようなことが 起きたのでしょうか??


二日ほど ツバメの姿が みられませんでしたが

5月27日 金曜日

二羽のツバメが 当院へ ちょっとやってきました。

新しく 巣を作れるように

昨年の残りの巣 今年の巣 二つとも 廃棄して

更地状態と いたしました。


また 一から 巣作りと 子育てをおこなってくれることを 信じて、、、、。








スポンサーサイト



ツバメのヒナが生まれたようです。

昨日あたり ツバメのヒナが生まれたようです。

昨年 設置した カラスの攻撃から 巣を守る ガードを下へ動かしました。

20220521.jpg

親ツバメも 安心してくれているようです。

診療のほうは 五月広範囲入って 比較的のんびりとなっております。

ただし 発熱外来の需要は しっかりあり こちらの診療で 頭と体を活かせております。

耳鼻科だけの 専門診療で クリニック外来を おこなう時代は 過ぎたのかも

そう感じる 今日この頃で ございます。

発熱外来を初めて 2年余り、 

今の課題は 鼻咽腔からの検体採取用 綿棒が 品切れであることです。

二年前 マスクが 手に入らなかったことと 同じような 状況のようです。

きっと 国が多量に 保管しているに違いないと 感じております。

期限切れで 破棄されないことを 祈っております。
プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR