FC2ブログ

真夏の鼓膜形成術

毎日 暑い日が続きますが

昨日あたりから 朝は 若干 涼しくなったかな?と感じられます。

暑さと 冷房の冷えで 自律神経が不調になりやすく

私の 体調は 今朝 今一つ

頭痛も生じたため 久しぶりに 禁断の薬を複数服用いたしました。

無事 午前の外来を終了後

鼓膜形成術を させていただきました。



こちらも 無事終了。

ほっとして のんびりとした 時間を過ごさせていただいております。

手術をさせていただくと

適度な緊張が 自分の免疫を アップさせてくれると 感じます。

手術をさせていただいた 患者さまに 感謝感謝でございます。
スポンサーサイト

東北 秘湯 弾丸ツアー

先週 土曜日 お休みをいただきありがとうございました。

この連休 パナメーラで 東北の秘湯巡り をしてまいりました。

金曜午後の診療終了 7時頃 出発

日本海側を北上し 11時過ぎに酒田市へ

ここで眠気を生じたため 最寄りの ビジネスホテルに宿泊

翌日 土曜日 東北内陸部へ移動して秋田方面へ北上

正午近く 田沢湖に近い 乳頭温泉郷へ到着しました。

(東北は遠いです)

乳頭温泉郷には 7つの温泉があり

これをめぐる 湯めぐりバスが 運行されておりました。

最も有名な 鶴の湯は 以前 訪れているので

今回は 他の湯へ 向かいました。


7つ すべての制覇は 体力的にも時間的にも 難しく

4つの 温泉を巡りました。

すべてが 乳白色のお湯ではなく 温度も 泉質も それぞれでした。

写真の蟹湯では

卵とじ または 湯葉のような 白い 繊維用の湯の花が

ほぼ透明なお湯の中に 美しく 漂っておりました。

20180711-2.jpg

土曜は 日帰りで訪れたことのある ふけの湯へ宿泊

山小屋に ちょっと毛の生えた 小学校のような建物ですが

火山の噴煙のような 煙を眺めながら

地中から 湧きだした 天然そのものの 温泉につかっていると

地球と自分が一体化するような 安心感 安堵感を 感じました。

20180711-3.jpg20180711-5.jpg

夜間は 熊と出会う恐れありとのことで 野天風呂の入浴は禁止でした。

20180711-4.jpg

日曜日 朝食後早々に 出発し

八幡平頂上を 越え 岩手県側 藤七温泉へ

ここも 地中から湧き出てくる 温泉の池に そのままつかるような

ワイルドそのものの 名温泉です。

原則混浴ですので 女性は 湯あみ着 か バスタオル必須です。

ふけの湯と 藤七温泉には ちょっとびっくりする ものが まつってあります。


20180711-6.jpg

八幡平から 下り 松川温泉へ

ここの乳白色のお湯も 私の好みに ぴったりです。

20180711-7.jpg

午前中に 岩手県を離れ 福島県高由温泉へ向かいました。

お宿は 口コミの良い 玉子湯へ

20180711-8.jpg

これまた 味わい深い 乳白色のお湯

江戸時代を 思わせる 外湯の建物と

温泉の神様を祭る神社(感謝の気持ち)が 印象に残りました。

月曜は 磐梯吾妻スカイラインを登り 

地図で目についた 幕川温泉へ

露天風呂には 日本秘湯を守る会の提灯がつってありました。

20180711-9.jpg

磐梯山周辺には まだまだ 私の知らない 秘湯がたくさん あることを知りました。

今回は 次への 楽しみを残し 早々に 帰宅いたしました。

今回の走行総距離 は 約1200kmでしたが

パナメーラだと まったく というか ほとんど 疲れを感じませんでした。

燃費も リッター12km 程度と 予想外に優秀なことを知り

ハイブリッドの恩恵を 初めて感じさせていただきました。

次は 8月のお盆前休みに

青森県の 恐山 

磐梯山周辺の 秘湯 巡り を したい

と なんとなく 考えております。

日本は 安全で 平和な とても良い国です。

そんなことを 再確認させていただいた

今回の 弾丸温泉ツアーでした。

そんな ご報告をさせていただける 本日に 感謝感謝でございます。

つばめのヒナの旅立ち

本日 7月11日朝 とてもすがすがしい朝

クリニック前の巣から ヒナの姿が消え

複数のツバメが 周り 鳴きながら 飛びまわっておりました。

動画はこちら

無事 成長し 巣立ちしてくれたようです。

とても うれしい 本日に 感謝感謝でございます。

3歳6ヶ月でCT検査

西日本は 大雨で大変のようですが ここ上越は雲とわずかな雨のみです。

本日 土曜日ものんびりモードでござました。

そんな中 肩車から転落して 鼻を打撲 出血

その後 鼻が腫れているとして 3歳6ヶ月の子が 受診されました。

鼻骨骨折の確認には CT検査が有効ですが

こんなに小さなお子様で うまくできるかどうか? 疑問でしたが、

なんと 検査中 ピクリとも動かず じっとしていてくれました。



年齢だけでなく

その子 その子 で 異なるのだなあ と 感じさせていただきました。

検査結果では 微妙にわずかな骨のずれがあるようにもみえますが

無理に処置をする必要もないと 判断して

様子を見ていただくことに いたしました。



ヒナは 一番大きいのが

そろそろ飛び出す準備を始めているように みえます。

20180707-2.jpg

本日も 貴重な経験をさせていただき 

誠に 感謝感謝でございます。

のんびりモードの金曜日

本日 金曜日

夏らしい のんびり モードの 診療でした。

午後5時過ぎ 玄関へ出てみると

かなり 大きく育った ツバメのヒナが 狭い 巣の中で仲良く過ごしています。



ちょうど 親がエサを 届けに飛来した 瞬間をとらえることができました。

最後まで 無事 育って 旅立つ日が近い

そんな 気がする 平和な 本日に 感謝感謝でございます。


夏の体調管理 に ご注意

例年 7月8月は ゆっくり のんびり の 診療なのですが

今年は 少々異なるようです。

夏の訪れが 例年より早く 

暑さ や 冷房で 自律神経のバランスが崩れ

頭痛 めまい 感染症に かかって受診される患者さまが 多い印象です。

私も なんとなく 体調がすぐれず 頭の回転が今一つ

診療の進みも 迅速とは行きません。

午後 禁断のプレドニンを口にいたしましたが

午後7時半まで 夕方の診療が 続いてしまいました。

遅くまで お待ちいただいた 患者さま

診療を助けてくれる スタッフに ただただ 感謝するしかありません。


皆さまも 体調管理に ご注意くださいませ。

開口部からやや奥まった位置にある唾石を摘出

先週 後半

顎下腺の 唾液腺管開口部から 

やや奥に入った位置に唾石がある

患者さまの 手術処置をさせていただきました。

麻酔は ボスミンキシロカインを含ませたガーゼを 口腔底におき

鼻の手術と同様の 表面麻酔のみ

ブジーで 開口部を広げ

耳用の微小剪刀で 少しずつ 唾石のある位置まで 切り込みました。



開口部付近にある 唾石の場合とことなり

石に到達するまで やや苦労いたしましたが

無事 終了することができましたので

記録に とどめさせていただきます。



外耳道に入った 小さな小さな 虫

昨夜 ご自宅の寝室で横になってTVを見ている際

突然 耳の中に虫が入り  ブワーンと 音がした

外から 光を あてたが 虫は出てこず

そのままにしていると 夜中から音がしなくなった

として 本日 受診された 患者さま。

内視鏡で 耳の中を観察すると

小さな小さな 虫らしい 姿を 発見

耳用の 極細吸引管で そっと 虫を吸引除去



本体が約1ミリ 羽を広げると約3ミリでした。

今年の夏は 虫の活動が 活発なようでございます。

耳に虫が入ったときは 無理せず

翌日または休み明けに 耳鼻科をご受診くださいませ。


プロフィール

おひさまさん

Author:おひさまさん
おひさま耳鼻咽喉科のいまへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR